ライン

社会貢献活動

ライン

2013.09.17
「認知症サポーター養成講座」

認知症サポーター養成講座 講師:富士市西部包括支援センター センター長 戸巻俊裕様

認知症高齢者の増加という社会背景において、私共がどう取り組むべきか、認知症の種類とその症状について、またビデオにて認知症の方への接し方を学びました。
配達で普段から地域を巡回しているスタッフが、認知症患者と遭遇した場合に対応できるようになれば幸いです。

■厚生労働省「認知症サポーターキャラバン」(外部リンク)
http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/dementia/c03.html
■「認知症サポーターキャラバン」を紹介するサイト(外部リンク)
http://www.caravanmate.com

2013.08.29
「AED(自動体外式除細動器)講習会」

心臓マッサージ 鈴木新聞店の会議室に消防署の方をお招きし、救急救命についてのお話や、AEDの操作方法、人工呼吸、心臓マッサージについて指導をうけました。配達員が配達や集金で地域を回る際に、このような緊急事態に立ち会った際に、落ち着いた行動が取れれば幸いです。
静岡県内のAED設置場所は日本赤十字社静岡県支部提供のしずおかAEDマップ(外部リンク)でご覧いただけます。

2011.11.09
「地域高齢者等見守り支援ネットワーク事業」

協定書 富士市と鈴木新聞店を含めた市内新聞販売事業者が協定を結び、異変を把握した高齢者世帯などの情報を共有することになりました。配達員が配達や集金で地域を回る際、配達物がたまったままだったり、洗濯物が干したままだったりといった異変に気付いた場合に、地域包括支援センターにお知らせし、一人暮らしのお年寄りの方のサポートになればと思っています。